ドクター

脳梗塞の原因は血流の悪さ┃普段から血圧測定する

このエントリーをはてなブックマークに追加

慢性的な腸の病

先生と患者

潰瘍性大腸炎の注意すべき症状には、慢性的な下痢、腹痛や発熱が挙げられます。様々な症状があるように見えますが、いずれも腸に不調が見られることがポイントです。食生活の改善とストレスの軽減をすることで、潰瘍性大腸炎の症状を抑えることができます。

読んでみよう

風邪の症状と似たがんとは

カウンセリング

肺がんの初期症状は風邪と似ているため見過ごされてしまうことがあります。風邪の症状が長引くならほかの病気を疑い検査することが大切です。肺がんは骨や脳、肝臓などに転移しやすいがんです。治療は外科手術や放射線治療、化学療法などがあります。

読んでみよう

脳の深刻な病気の予防策

頭痛

血圧測定の必要性

高血圧であっても多くの場合、体調不良を感じないものです。しかし、高血圧は動脈硬化の原因となり、動脈硬化は脳梗塞の原因となります。つまり、高血圧は脳梗塞の原因となる症状ですので、決して甘く見てはいけない症状なのです。高血圧改善で、まずすべきことは、自分の日頃の血圧を把握することです。自覚できなくても、自分が高血圧であるか否かは血圧を測定すれば分かりますから、血圧測定を日常化すれば良いのです。血圧計は市販されていますので、血圧測定の日常化は可能です。それで高血圧だと判明すれば、改善する意欲が湧くようになるものです。もし高血圧ではなかったとしても、健康意識が高くなりますから、どちらにせよ血圧測定を日常的に行うことは非常に良いことです。

医療機関が実施する検査

脳梗塞の更に一歩進んだ原因となる動脈硬化も高血圧同様、症状は無自覚です。高血圧が改善できれば、動脈硬化も改善できるというわけではありませんし、また、動脈硬化を個人的に測定することもできませんから困ったものです。ただ、医療機関では動脈硬化の検査を行っていますので、それを受ければ自分が動脈硬化であるか否かは判明します。そして脳梗塞の発症リスクを知る上では、脳の検査を受けることも有効です。現在はCTやMRI等を用いて脳の内部を撮影することができますので、脳の状態を正確に確認することができるようになっています。この脳の検査は脳ドックと呼ばれており、多くの医療機関で実施しています。そして、健康意識の高い人は積極的に受けています。

改善に向けたポイント

腰を押さえる人

継続的な腰痛の治療に適した行徳のかかりつけ医を見つけることで、多くのメリットを実感することが可能となります。予約のしやすさや、バリアフリー化、通院しやすい距離にあること等の要件をクリアしている病院の選択が重要性の高いポイントです。

読んでみよう